ヘルドッグスをみた

おっさんたちもっとハキハキ喋ってくれよ……何言ってるか聞き取れねぇよ……!それとも私の耳がもう終わっちまったのか???
ってくらいストーリー追いたくてもおっさん達がすっっげ〜早口かつボソボソと大事なこといっぱい喋るから、待って、まだヤクザ組織の内訳理解出来てない、待って……!てなった。
この早口のせいで展開追うのめちゃくちゃ大変だったけどそれ以外は普通に楽しめた。
坂口健太郎サイコパス役らしいんだが、どっちかと言うとアニキ分の岡田准一にかまって欲しくてちょこまか動きまくってる可愛いわんちゃんにしか見えなかった。
多分決定的だったラストの「俺とこの女どっちが大事なんですか!?」みたいなセリフのせい。わんちゃんじゃん……。

おおまかな流れとしては、過去に自分が職質してたら防げたかもしれない事件に好いてる女の子が巻き込まれて死んじゃったから、お礼参りじゃ〜と犯罪者殺し行脚してたら公安に捕まって、なんやかやでヤクザ組織に潜り込んで情報流せよって仕事だったはずが、上層部のバレたらやばい情報を奪い返してこいっていうミッションになって……というものなんだけど、ストーリーが進むと「いやお前もNOCなんか〜い!」って感じで潜入捜査してる人が出てきてもしかしてこのヤクザ組織、コナンに出てくる黒の組織バリに脇が甘い……?てなっちゃった。

見所としては岡田准一の最高アクションと顔がいい北村一輝の全身和彫り肉体美とどしょっぱブーメランパンツですね。
笑いそうになって大変だった。
ていうか北村一輝まじで「ザ・ヤクザ」って役が似合う。警察官よりヤクザとか犯罪者の役やってる方が顔が似合ってて最高に好き。
最の高ポイントとしてあとは、一生かけて養いたい相手が4家族いると言いつつ、坂口健太郎殺したあと後追い自殺しようとしたところ。
自分の中の正義を貫かなきゃいけないけど、兄弟としての絆も確かにあるから、NOC仲間を助ける=正義を成したあと兄弟の絆の形として死のうとしたんかなと。
罪悪感で死のうとしたわけではないと信じたい。いつか死ぬだろうし、ろくな死に方はしないだろうけど、だったら死ぬタイミングはこいつを殺して俺も死ぬのがいい、みたいな。
ヤクザのアニキと子分という兄弟の間にあるソレはとても良いのでそういう飲み込み方をしましたよ僕は。
何が言いたいかと言うとブロマンス最高やな!てことすわ。

NOPEをみた

週末に友達とあらすじがまんま作品内容の映画「鉄男」を観終えたあとに気になる映画がある、と話題に上がったので見てきました。

地球外生物がUFO操って人間襲うなんて、宇宙戦争を思い出して夕方も17時を過ぎたあたりから仕事どころじゃないくらいワクワクしていたんですけど、中身はもっとやばかった。
もっとUFOとかエイリアンがガッツリ人間を食べに来てるパニックホラー系だと思ってたんですけど蓋を開けたら人間舐めんな👊💥お前を撮って儲けてやる!という前傾姿勢で笑っちゃった。

元々空の上にいた飛行生物くんに最初に気付いた元子役のサーカス団長さん(?)が出し物として手なずけてやろうとしたら上手くいかなくて……それが牧場を経営している主人公にまで影響してくるという内容なんだけども、このサーカス団長さんが子役時代にチンパンジーとドラマ撮ってる最中に事故が起きて出演者みんな大怪我の大惨事のなか、チンパンジーから目を逸らさずにいたおかげか助かった経緯があって、飛行生物くんをショーに呼び出した際も一切目を逸らさないんですよね。
でも飛行生物くんは目が合ったものを食べ物と認識して吸い込む生体なので逆効果だったあたりがめちゃくちゃ可愛そうで笑った。
あと普段は馬を一頭食らう程度だったのが沢山人間とかゴミを吸い込んでお腹痛くなったのか、主人公の家の上空で不要物排泄した時マジで最悪で最高だった。
巨大な飛行生物が家の上で血混じりの排泄してるのSAN値削れちゃうでしょ……。

ラストにかけての、飛行生物を激写して一山当てようからの作戦開始の流れもワクワクだった。
平べったい円盤型の「THE UFO」ってフォルムだったのが、消化器に絡む布系を敢えて食わされてブチ切れた飛行生物くんが形状変化してUNDERTALEのオメガフラウィーみたいに広がった時テンション上がったし、真ん中から緑の布みたいな集まりがまるでまぶたを開くようにカッ!カッ!と何段階も近付きながらひらひら広がっていくの綺麗だった。
あの段階踏みつつもじっくりがっつり「お前を見ている」って感じまじで良かった……。
クソデカ謎生物くんの目なの?ってポッカリ空いた暗闇が見つめてくるんですよ……!!!

散り方も喉詰まらせて破裂するってのが可愛い度高くて良い。
ま〜じで最高だった。

アキラとあきらをみた

顔のいい男の友情というか互いを認めあったりするさまとか共に戦う姿からでしか得られない栄養を摂ってきた。


家柄も歩んできた道もぜんぜん違うのに、たった一度の邂逅で知らぬ間に縁ができて遠い未来に宿命の相手として手を握る相手になるの熱すぎる。
庶民の方のアキラが銀行員のことを嫌う気持ちを持ちつつも、びしょ濡れになりながら一緒に傘を作ろうと言ってくれたお人好しな銀行員のようになりたいと思って逆境に挫けずに上り詰めていくのも良いし、金持ちの方のあきらが憎み合う親族に嫌気がさして銀行員の道に逃げるも、結局家族というしがらみから逃れられないならもう一度やり直そうと奮闘するのも良かった……。

あきらの家の、父から押し付けられた会社、舵を奪われた人生っていうのがしんどそ〜てなっちゃった。
話し合えればよかったんだろうけど、あきらの父が死んで遺言書の確認後に揉めそうになった時、お母さんが「お父さんの遺言なのよ!」と若干ヒステリックになる辺りに、過去もそんな感じで歩み寄りの機会が潰れたりしてたのかなぁなんて思ってしまった。
死んだ人の最後の言葉ってそれはそれで大事なものだけど、遺された人間の関係も別個としてあるから難しいっすね。
我が家もなかなかに面倒な遺言というかしきたりというか、ルールが脈々と受け継がれているので嫌な気持ちになりました。
祖父世代は確実に履行されるルールが母と叔父世代、従兄弟の世代ではどうなるのかな。
まあ件のルールのせいで私には一切関与できない部分なんですけど。
「女」だからっていう理由、人が人なら争続の火種だぞ!


全然関係ない話してた。


特に燃えるような展開っていうのはないんですけど「確・実・性!」の本部長が稟議通してたの見て、まあ話の流れとしてそうなるでしょうねとは思いつつもヒュ〜! とはなった。
メインはあきらのお家騒動なんだろうけど左遷されたアキラの成り上がりというか辛酸舐め舐め道の方が絶対見応えあるだろうな、とは思った。
不倫で飛ばされた仕事やる気皆無の上司をどう乗せてったんだろう。面白そうじゃない? ないか。
金融ドラマとしてどうなのかは微妙だが人間模様は良いね〜て感じの内容だった。

バイオレンスアクションをみた

城田優!!!!!!!いつ観ても最高だな!!!!!!!!


漫画原作って知らずに「橋本環奈かわい〜!」と思い観に行きました。
知らないのでキャラクターのトラウマだとか過去だとかが出てくると直ぐに回想シーンにはいるので気にはなるけどまたか…とはなった。
一人一人のキャラが濃いので漫画読むともっと面白いんだろうなとは思う。

アクションについてはがっつりワイヤーアクションしててかっこよかった部分もあるんだが、カットが多くてアクションで1番最高な流れるような暴力!暴力!暴力!がつまづいちゃうのがなんかなー。
攻撃を避ける高速演出なんてアニメみたいだし。
ルパパト(怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー)みたいなアクションをこの映画でやってたらすんごい最高だったのでは?と思う。
あーでも、岡村隆史城田優演じるミチタカくんという激ヤバ殺し屋相手に舐めプされていたとはいえ健闘してたのちょっと面白かったな。
鈴鹿央士と一緒に足止めするぞ〜!てシーンなんだけど鈴鹿央士が暴力なんて奮ったことないです!というよわよわキャラなので姑息な手を使うことに躊躇しない所もがっつり殺し屋っていう人たちとはちょっと違うんですよ僕ら感が良い。

大きい流れとしてヤクザの跡目争いに殺し屋として雇われたせいで色々巻き込まれたり巻き込まれに行ったりする話なんだが、前述のミチタカくんが最強すぎて最高だった。
自分ルールで相手をジャッジして、スリーアウト取ったら罰と称してえぐいパワーで暴力に走るんだが、殴りの圧が強すぎる。
あと声質が木村昴ぽくて柄が悪くて歌の上手いジャイアンみたいだった。
登場する時に鼻歌歌ってたりしてて良い。城田優を歌わせるのは大正解だ。
殴る蹴るの暴力だけかと思ったら釘打ち機で釘射出するとかいう面白小技出してくるし……なにそれめっちゃええやん……。

ヤクザ組織の組長役が佐藤二朗なのも最高。
勇者ヨシヒコのせいでかなり私の中のイメージが「ホトケ」寄りなんだけど、演技の強弱がハッキリしてて良い。さっきまで普通に話してたのに突然圧かけてくるとか……とても良い。

あとは大東駿介……。
久しぶりに彼を観たんですけどめちゃくちゃ良いな。
跡目を狙うヤクザの運営するフロント企業で裏金作りをしているアヤベという人の役をやってるんですけど、マジで至る所でやられまくって痛い目見てて、すごい可哀想だなぁと思っていたら途中流れ変わって牙を剥く感じ、エエゾエエゾ〜!となった。
惜しむらくは始末したと思っている人間の3分の2が生きてることですね。
詰めの甘さで彼は別の誰かに食われる気がする。そんな所もSo cute……
勝ち残ったと勝利に歓喜する際の笑い声めっちゃ良かった〜!

かわいい橋本環奈を観にいったし実際にたくさん観たはずなんですけど印象に残っているのが城田優岡村隆史佐藤二朗大東駿介ってなんなんだ……???

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオスをみた

ラティ兄妹最高なんじゃ😭😭😭😭😭😭😭


映画館でこれ謎の少女、再び(迷宮) - YouTube
をもう一度聴けるなんて最高じゃん!?と思い、水の都の護神に投票しました。
みなさん投票されました??何に投票しました??
夏の思い出、ゲットだぜ!25周年ポケモン映画祭

来週は七夜の願い星ジラーチですね、フォロワーがコレで性癖歪ませてたのをスペースで聞いていたのを思い出し笑いしました。


さて感想
子供の頃に観て大好きになった映画のひとつです。
好きすぎてこの映画における悪人の持ちポケ、エーフィとアリアドスも大好きですからね……!

ヴェネツィアのような水上の街アルトマーレ、入り組んだ路地と色彩豊かなタイルで飾られた壁、豊富な水とともに暮らす人とポケモン……。
上で貼ったリンクの曲は謎の女の子(ラティアスが変身した女の子)を追って、入り組んだ迷路のような街をサトシが走るシーンで流れるんですけど、ここのシーンと、藤の花のトンネルをぬけた先の路地の画が本当に綺麗なんですよねえ。

おちゃめなラティアスと心配性なお兄ちゃんのラティオスポケモンたちの楽園のような隠されたお庭も素敵。
水の都の護神好きな人はARIA、AQUAも好きになる。ていうか好きでしょ、俺は好きだぞ。


むかしむかし街を守ったラティオスラティアスから託されたこころのしずくを狙う怪盗2人組のせいで大津波が発生するシーン、もうダメだ……人間にはどうにもできない……という状況を、ラティ兄妹が護るところなんか涙こらえるので必死だった。
ヒトがかつて街を護ってくれたラティオスラティアスを今でも大切に思うように、ラティオスラティアスもヒトのことが大好きだから、身を削ってまで護ってくれたっていうのが、ほんともうね!ポケモン世界のヒトとポケモンがそれぞれを思い合うこころ大好き!!!!

ラティオスが天に昇りこころのしずくになって再びアルトマーレを護るっていうのも、グサグサくるね。
ちなみにラスト、サトシにキスをしたのはカノンかラティアスかですが、ラティアス派です。対戦よろしくお願いします。

そしてエンディング、ひとりぼっちじゃない
ひとりぼっちじゃない - YouTube

アニポケの曲も大好きなんですけど、水の都の護神の主題歌は群を抜いて良いと思う。
いや〜ほんと、まだ再上映観に行ってない大きいお友達も、観たことがない小さいお友達もぜひ映画館で観て欲しい映画です。


名探偵ピカチュウのときも思ったけど、厳選とかブリーダーとして遊ぶポケモンも大好きだし、ポケモン世界のヒトとポケモンの関係性やそれぞれの付き合い方もめちゃくちゃ好きだなって再確認した。
今ウルトラサンの野生産色違い縛りでストーリー攻略中なんだけどめちゃくちゃ楽しいもんな……。
新しいスカーレット・ヴァイオレットの世界はどんな文化でヒトとポケモンが一緒に暮らしてるんだろう、楽しみだなあ。
死ぬまでポケモン好きなままだろうな、わたし。